また
デヤホーヤVSパッキャオの話しですが。


あの試合はノンタイトル。


なんのタイトルもかかっていない試合が、世界中の注目を集める。
(日本はイマイチですが)


時代は変わった?


確かに世界タイトルは団体も増え、スーパーチャンピオンや暫定チャンピオンなど、タイトルも増え「タイトルの安売り」などと言う人もいる。


タイトルの価値が落ちたかどうかは別としても、ベルトの数や記録よりも、「ファンが期待するカードが実現する。」と言う事がプロボクシングにとって最も大事な事なのかも知れない。


デラホーヤはそれがわかっている。
自分自身が一番今回の試合を楽しみにしている感じだった。


それを実現する
ゴールデンボーイプロモーション


負けたけどデラホーヤ最高です。

「あなたは今でも僕のアイドルです」
byパッキャオ