今日、昨日とアマチュアの試合だった。
自分の時代はU-15なんてなかったから高校生のアマチュアボクシン
グには青春の思い出がある。

昨日の相川学己の試合は負けたけど内容としては合格点だった。
両親も応援にきてなんだか自分の時を思い出した。
去年の伊原健太の時も懐かしく思ったけど、その時はサラリーマンと両立
で過去を振替える余裕もなかった。

だけど今は違うから自分の高校時代の15、6年前のビデオを
見返してみた。

あまりにも懐かしくて、恥ずかしかった。

でも初心に帰る事は本当に大事だと感じた。
当時の自分は下手すぎる。

でも一戦一戦少しずつ成長していってる。

だからこそ昨日負けた学己にはまだまだこれからだと伝えたい。
そして学己が15年後に振り返ってビデオを観た時に「なんでイバさ
ん"これ"を教えてくれなかったんだ」とか思われないように
したい。

当時の自分をみるとコーチ目線になってしまう。
この選手にはこう指導したいとか。。。

とにかく昔の自分をみると今の選手は上手いと思う。

そして昔のビデオに亡くなった親父の声が入ってて涙が出てきた

自分ももうすぐ親父になるから当時の親父の気持ちが少し理解できる気が
する。
必死で応援してくれたんだろう。

だから学己の両親の気持ちも少し理解できる。
最大限サポートできるよう頑張ろう。

俺の今仕事は最高だ!