今日は何回更新してんだろ?ぐらい更新してますが、更新します。



プロ選手をまたみれるようになってもうすぐ一ヶ月


やっぱりワクワクするね。


イライラもするけど(笑)


こういうブログをやる意味だって、色んな事書いて、読んでくれる人(濱田流はリスナー)をワクワクさせたい。


それが俺たちの仕事。


なので今日は射場なりのトレーナー業について少し



トレーナーって教えるのが仕事だけど、俺は教えると言うより「育てる」の方がしっくりくる。


どうやって人を育てるか?


育てるってちょっと偉そうだけど、一つの作品を作るって感覚に近い。


例えば


勉強の為に机に向かってる子に勉強を教えると言うより、その子の引き出しに何を入れてあげたらいいんだろう?
と言う事を考えること。

その子はその引き出しを開けてそれを使った時にどう言う反応をして、どう言う変化をするのか?
それは何の反応もないかも知れないし、むしろ混乱してしまう可能性もある。

ダメなら違う物を探してまた渡す。
この子は引き出しに何をしまうだろう?

それを考えるのも楽しいしどう言う変化をするのか見るのも楽しい。

その子の引き出しがいっぱいになっていくと自分の引き出しも増えてきて、そう言う子をたくさん増やせば自分の引き出しは無数に増える。




たまに机を立って逃げようとする子はケツ叩いたり。
お菓子食べだしたら取り上げたり。


1人の人間を育て





ボクサーと言う作品を作り。






試合でお披露目する。





俺は人1人の人生を背負ってるつもりでやってる


それには俺自身が常に努力し俺自身の人生も充実していなければならない。



俺には夢があり


ボクシングには夢がある



皆さん



リブートの夢に乗っかりましょう(笑)