達也は判定負け
哲也は2RTKO勝ち


達也が負けてしまいました。
ファンの皆様申し訳ありません。


ただ相手の佐藤選手も強くてビックリしました。



達也には言いました。



相手を強いと思って試合に挑んだ選手と

相手を弱いと思って試合に挑んだ選手の差だよ。





達也はまだ17歳。心がまだ子供。
それをわかっていながら、もっと警戒心を持たせなかった自分に責任があります。



達也は練習ですごく調子が良くて、負ける事なんて想像も付かないぐらいだった。



でもそれでも相手をリスペクトし、警戒心を忘れない事。
そんな基本的な事が出来てなかったんだと思う。



でも達也の気持ちは俺はわかる。
達也は次男だから。



次男ってすぐに調子に乗るんだよなぁ〜(笑)



俺も次男だからよくわかる(笑)



達也にとってはいずれ訪れると思っていた事がデビュー戦でおきた。



本当に小原のデビュー戦を思い出した。



でも今日のこの負けがあったからって言える日が必ず来るから。



今日のこの敗北は俺自身を見つめなおすいい機会。

それはウチの選手やキッズやスパー大会でも同じ事

常に相手をリスペクトし絶対に気を抜いてはいけない。



それは人としての成長という事
達也はまだやんちゃ坊主


これからの人間的成長と共に彼は上に上がって行くだろう。


今日は完敗でした。


ただ40点付けたジャッジはボクシング見た事あるのかな?って思うけど。


あっすみません。次男なんですぐ暴言吐きます(笑)



哲也は達也の敗北を見て試合前なのにポロポロ泣き出して


メンタルが大丈夫か心配でしたが、哲也はそこから凄かった。


完全に気持ちを切り替えて試合でも冷静



哲也はいつもどんな事が起きても自分が勝利するためのイメージが出来ている。


哲也はいつもスパーで緊張していると言ってる。


その緊張感はこの試合で緊張しない為の緊張



試合で俺はいつも言ってる。



緊張しろと



緊張しないとか言ってるヤツは、リングの上で緊張する。



今日の哲也と達也はそれが顕著に表れた。



ボクシングは人生の縮図



俺ももっと人間的に成長しなければいい指導者になれない。



次男の苦悩は続きます(笑)