2015年を振り返って今年を終わりたいと思います。


今年はライザップのオンエアで始まり


たくさんの反響を頂き嬉しかったです。


4月に初めての一門会


何が何だか分からない事ばかり。


興行の難しさを初めて体験しました。


試合は金子のデビュー戦勝利と濱田がランキングを獲り大成功に終われたと思います。


ただ勝負はそんなに甘くなくて


5月は直雄のデビュー戦敗戦


その後は海斗の試合キャンセル


始まって半年で試合キャンセルが出るとは夢にも思わなかった。


対戦相手やジムには大変ご迷惑をおかけ致しました。


罰金やら何やら。いきなりプロは厳しいなぁ〜と


ただまだまだ試練はこれから(笑)


夏はU-15があり、金子の2連勝があり、富岡ブラザーズとの出会いあり


富岡ブラザーズとの出会いはREBOOTにとってとても大きな事だった。


9月は濱田の試合キャンセル


僕自身の甘さを痛感しとても辛い時期でした。


本当に穴があったら入りたい。


そんな時でした。


でも自分の気持ちが折れたら、選手全、会員、キッズの全ての希望を失うと思い、気持ちを切り替えました。


その次は小原のマイアミ決戦


小原と久々のコンビももちろんだけど、三迫ジムと一緒に仕事ができて本当に幸せでした。


やっぱり自分の親は三迫ジムなんだと改めて感じ、感謝の気持ちでいっぱいでした。


その後すぐに富岡ブラザーズのデビュー戦


ボクシングは技術だけじゃなく勝負に勝つには何が必要なのか?


忘れてた何かを思い出せました。


12月は一門会


直雄の3連敗


これが本当にキツかった。


来年は必ず直雄の笑顔を皆さんにお見せします。


絢也の最初で最後のデビュー戦


彼は120%出し切った。
自分力を出し切る姿は人の心を打つ。


絢也の試合をみた選手はそこを感じてほしい。


最後は濱田


俺は濱田を高く評価してる。


技術も向上してる。


後は何が必要なのか?


それはボクシングだけでなく人生にとって大事な物。


濱田は今、うちのトップ選手


皆んなを引っ張っていく気持ちがあれば彼はもっと伸びると思う。



2015年はそんな感じかな。


大晦日


格闘技を仕事にしてる人間は暇じゃダメなんだよ。


大晦日ぐらい休みたいよ。


そう言えるジムになります。


俺はやると言ったらやる


強い決意と共に2015年を締めたいと思います。


皆さん大晦日のボクシングを楽しんでくださいね〜