達也判定勝ち

哲也KO負けでした。


富岡ブラザーズまたしても兄弟での勝利はできませんでした。

応援してくださった皆様本当に申し訳ありませんでした。


今日の試合内容です。


達也

前回の負けがあって絶対に試合で硬くなるのはわかっていました。

今回も危ない場面があり、前回の反省がなければ負けていたかもしれません。

達也は大きなプレッシャーに打ち勝ち頑張ったと思います。

今日褒められる事は結果を出したという事です。

アマ4戦4敗
プロ1戦1敗

実力がありながら結果が出なかった達也には内容よりとにかく結果が欲しかった。

今日は結果だけで合格点です。



哲也

哲也とは中谷選手の左ストレートを外す練習をかなりやりました。

前回の試合が終わってからその練習ばかりやってました。

最初は左ストレートをバチバチもらう哲也に

足の位置、頭の位置を徹底して変えさせました。

それから練習ではほぼ左ストレートをもらわなくなり、あらゆるパターンでの攻撃が出来るようになり凄くいい状態で今日を迎えました。

ですが1R目に哲也が一瞬中谷選手から目を離した瞬間に左ストレートをもらい少し効いてしまった。

そこから哲也は焦りで練習していた事が全くできなくなってしまいました。

途中から中谷選手の左ストレートに哲也が左フックを合わせようと何回もしてたのを2R終了のインターバルで怒りました。

練習でやってきた事をやれ。左フックを合わせるんじゃないだろ!

結果的にその左フックがカウンターで左ストレートがあたりKOされてしまった。

哲也は焦ると得意なパンチばかり打ち出します。

哲也は練習でもそう言う事が多い

最近はそう言う事も減って来たのに今日また悪いクセが出てしまった。

試合は本当に怖い

負けて反省
これもいい経験

そんな言葉は言いたくなかった。
でも出てしまった結果は受け入れないと。


ただ中谷選手は噂通りいい選手でした。
顔つきも凄く気持ちの入ってる表情をしていて心も強い選手だと思いました。

新人王でリベンジしたかったけど哲也は今年からの新人王のルール改正により新人王に出場できません。

コツコツ上がって日本タイトルマッチで中谷選手にリベンジしたいです。


哲也達也にスパーリングチャンピオンになって欲しくない。


彼らには本番力が必要なんだと思う。