小原と金子と龍昇連れて帝拳ジムさんに出稽古



小原は今日は良くなかった。



ただスパーの中で世界に向けて大きな収穫がありました。



小原が世界チャンピオンになるためにこれからやるべき事の1つが明確になった。



ポイントをつけたら今日は負けていた。



ただ今日はその収穫があったので練習には満足してます。




スパーリングを試合と勘違いしてる人が多い。



スパーリングは試合に向けての練習



ただ試合に向けての練習だから、試合と同じ気持ちでやれとはいつも言ってます。



何が違うかって?



そこをしっかり理解していないと大事な事のを見逃してしまう。



トレーナーはスパーのジャッジじゃない。



その選手を成長させる為にスパーを見ている。



今日は金子のスパーは今まで金子に足りなかった部分が克服できてきて金子もとてもいい練習ができた。



龍昇はボコボコにされた。



龍昇はまだ中2だけど、俺は1人のボクサーだと思ってる。



中2であってもボクサー



普段の意識から変えさせないといけない。



帝拳ジムさんの空気



日本一のジムの空気と世界一の選手の志



なんでこんな弱小ジム(小原以外)なのに帝拳ジムさんに練習に行かせてもらってるか?



俺は世界を目指してる



だから世界の空気すら吸収してほしい。



それぐらいの意識がある選手しか出稽古には連れて行かない。