今回のアマチュアの件は沢山の問題があると思いますが僕自身が1番憤りを感じている事は



アンダージュニア(小中学生の試合)でのルールです



ボクシングを知らない人はほとんど意味がわからない事だと思いますが




去年まで中学生以下の試合は2つの大きな大会がありました。




U-15(プロ主催の大会)






アンダージュニア(アマ主催の大会)




去年アマ側から突然の通達が来ました




U-15に出場した選手はアンダージュニアには二度と出場できない。




これはとても大きな出来事でした。




凄く大雑把に書きましたが




簡単に言うと



小学生の子に今後プロで世界チャンピオンを目指すか、アマでオリンピックを目指すか今決めろ!




と言ってるような事でした。




あまりにも理不尽で子供達が可哀想になる様な出来事




まだこの件はあまりクローズアップされてませんが、もうすぐこの件も報道されるとか?




自分としてはプロ側も今後は意地を張らずにプロアマの垣根を越えて子供達の育成をしていく方向で協議して欲しいです。




今回プロ側は全く関係ない事としています




もちろん会長個人の事はプロ側は全く関係ない話だと思います。




ただ子供達の事についてはプロ側も大いに関係ある話です。




落ち着いたらプロアマが話し合って大きな大会が出来る事を願っています。