前回の自分の試合の動画の反響が大きくてびっくりしました


ホントびっくり(笑)


試合見て感動したと言うメッセージを沢山頂きました。


ありがとうございます。



ですが



もし僕と言う人間を知らず



そしてあの時の試合前のエピソードを書かずにあのダイジェスト映像をみたら同じように感動したのかな?と言う疑問が残る



もしかしたら血まみれでただのグロい映像にしか見えないかも知れない



何が言いたいかと言うと



ボクシングに感動したのか?



一歩も引かない殴り合いだけみて感動する人って限られてると思う。



全く同じ物を見ても、その人間やそのリングに上がるまでのストーリーを知ってるか知らないかで見え方は大きく変わる



プロボクシングって歴史が長くて、オールドファンが多い



だからそんな説明なんていらない



技術のない殴り合いなんてつまらない



試合さえ見てくれれば面白さがわかる



とマニア向けになりすぎていると思う



実際ボクシングを見に行きたい!といきなり思う人はほとんどいない



たまたま知り合いがプロボクサーでリングに上がるから、応援にいってボクシングファンになったと言う人はまれにいるけど、ほとんどはその知り合いの応援で終わり



なぜかと言ったら



ほとんどの人が知らない人の殴り合いには興味はない




だからボクシングを商品と考えたらダメなんだと思う




商品は人




その人を見たいか見たくないか




そんな単純な話なんだと思う




ランキングが多いとか、ベルトが多いとかその議論もマニア向けの話で、ボクシング知らない人には全く関係ない話




ベルトをバンバン作った方がいいと言ってるわけではないです




ボクシングファンを増やす本質とは議論がズレてるのではないか?




と言いたいのです



マイナータイトルを全部なくして日本タイトル1本にしたからと言って今までボクシング見てなかった人が見るようになることは100%ないと思う




結局はボクシングじゃなくて人を見に来てる




だから




もっとボクサーの素顔をみせて、リングに上がるまでのストーリーを伝えて




選手のSNSの発信も




俺はこう言う人間だ!




と言う自分の考えや素顔を見せて




見たい人間にならないといけない




試合を見てくれればわかる




その時代は終わったと思う




今回の村田選手の復帰




とても嬉しいですね。





正直エリートが挫折して辞めたら世間は魅力を感じない




今の時代




挫折から這い上がる人間がスターになる




今の日本人の多くが心に不安や闇を抱えてる



うつ病も多い



そんな人に勇気や感動を与えられるのはめちゃくちゃ上手くて負けなしの人間ではない



挫折を知ってる人間でしかない




もちろん負けた方がいいと言ってるのではない




負けはチャンスだという事




負けてやめたらただの負け




負けて這い上がれば人は感動する




なぜなら多くの人が負けたら心が折れるから




村田選手は超エリートからの挫折




挫折感は計り知れない




だからこそ




エリートの雑草魂は国民に勇気と感動を与えると思う




それがボクサーの仕事




輪島功一さんや辰吉丈一郎さんがカリスマだったのも挫折からの這い上がる選手だったから




つまり




プロボクシングは




その人の生き様を商品としてる




そこが本質だと思う




長くなりましたが、言いたいことはそんな感じです