自分は小中高大のアマチュア


そしてプロボクサー


選手育成は幅広くやってる方です



なので僕の意見でこの方がいいのでは?と思うことは発信していきます




今のアマチュア連盟の方達は現場の理解がある方達だと聞きます



そして僕はSNSでもプロやアマの方達とたくさん繋がっています



現場の1つの意見としてみてもらえればと思います。




今回はキッズボクシング



アンダージュニアとチャンピオンリーグが両方出ても良いという形に戻りました。



これはとても良いことだと思います。



ですがコンセプトは違います



これはこれでいいと思います



階級も違います



これもこれで良いと思います




では何歳から?




となると


UJは小5から


チャンピオンリーグは小1から



UJ(アンダージュニア)はアマチュア連盟主催の大会



アマ連のお医者さんが低学年は脳や頭蓋骨の発達が未熟だから危険という判断らしいです




これも良いと思います



実際は低学年のボクシングはパワーがないのでそこまでのダメージはほとんどないですが、安全面を考えたら正しいと思います



ではプロ主催のチャンピオンリーグがダメかと言うとそうとも言えない



1年生から発表する場があるというのは素晴らしいし、1年生から実戦やってる子はみんな上手い



ですが安全面は?と考えるとUJの考えとズレがある



じゃあどうしたら良いのか?



自分は他のキッズ格闘技と比べてもボクシングは安全面を考えて胸パッドまでしてるのは凄く良いと思ってるけど、ヘッドギアに関してはなるべく薄くしている



正直それがあんまり理解できない



スパーリング大会とかでもフルフェイス禁止とか



子供はみんなフルフェイス強制ぐらいでいいと思う



なんでダメージ与えること考えるんだろう



だからチャンピオンリーグも4年生まではフルフェイスを被った大会にすれば良いのに



ウイニングのフルフェイスはとても素晴らしい防具です



そしてウイニングのソフトグローブもとても素晴らしい



フルフェイスかぶってソフトグローブでやれば小4ぐらいまでだったらほとんどダメージないと思う




たまにキッズのスパー大会レベルでもフルフェイス禁止するところあるけどあれって何だろう



逆だろって思う



フルフェイスにして下さいって言えば良いのに




プロボクシングの感覚を持ちすぎてる人が多い




子供のボクシングはダメージを与える事じゃなくてどれだけヒットさせないでできるか




そこを基準にすれば良いだけだと思う



低学年は公式戦でフルフェイス



俺はそれがベストだと思う



あと親父ファイトも



親父もフルフェイスでやった方がいい




安全第一だよ




フルフェイスかもしくはキッズボクシング用の特別なヘッドギアを作った方がいい



今週末にあるキッズボクシング大会は大会オリジナルのヘッドギアがある



フルフェイスじゃないけどフルフェイス同等の安全性のあるもの



痛くないグローブ、ダメージを抑えるヘッドギア



これの開発とそれを公式戦でも使えるようにする事がキッズボクシングの発展につながると思う