自分がいつから


自分の人生


を意識し出したか?って考える


中学2年生でボクシングを始めた時だ


あの時


ボクシングがやりたくてやりたくて


義務教育真っ只中


お金もないしボクシングなんて自分で習えない


たまたま親戚が自営業で


そこで夏休み、冬休みアルバイトしてためたお金でジムの入会金と月謝を払ってボクシングを始めた


あの時から自分の意志で動く自分になった


自分の意志で人生はどうにでもなる


家からジムまで1時間かかっても


お金がなくても


親が反対しても


自分がやりたい事をやるには自分の意思でどうにでもなる


今の若者って


とかいう親父になったけど(笑)


自分の意志で自分の人生決める覚悟がないよね



まぁそんなことはさておき



俺がボクシングをやりたくてやりたくてどうしようもなくて



中学2年生の俺が学校終わりですぐにジムに向かって



電車で1時間かけて通ったジム



それが三迫ジム



俺にとっては



親よりも親かもしれない



でも俺は明後日親に噛みつく



でもこれって



大きな成長の証だよね



中学2年生の俺は親の反対を押し切って部活も辞めてボクシング始めた



リブートイバジムも今までいろいろあった



まさかジム初めての日本タイトルが三迫ジムって



親に反抗するのって



成長の証だから



俺は



親への恩返しは



親を超えること



それしかないと思ってる



だからそれを成し遂げます



戦うのは選手だけどね(笑)