昨日は皆様応援ありがとうございました。


樹はこの試合で大きく成長しました。


それは今回の試合中というより試合前にたくさんのトラブルがあり、その苦難を乗り越えてこの大勝負に挑んだ事です。


樹は12月にヘルニアになりそれでも無理して練習を続けていたら歩く事さえ困難な状況になり1月上旬まで全く練習できない状態でした。


このポスター写真


IMG_1022


この写真をとった時はヘルニアMAXの時で、本人は練習出来なくてめちゃくちゃ不貞腐れてる時です(笑)



練習出来ないどころか歩く事さえ困難


それでこの最強チャンピオンに挑む


それは相当な恐怖心があったと思う


だけど自分は樹は絶対に良くなると確信していた。
そしてチャンピオンになると


こういうトラブルを乗り越えた時ほど人は成長して強くなる


だからこのヘルニアはチャンスなんだ。


そう思っていた。と言うかそう言い聞かせてたのかもしれない。


でもいい先生に出会い


奇跡的に回復


そして試合1ヶ月前を切ってからスパーリング再開


でもスパーリングでは満足のいく動きはまだ出来なかった。


そしてヘルニアが再発して2度目の注射


完全回復までは行ってない状況で


あのホルヘ・リナレス選手とスパーリングさせてもらった。


あの日から樹は大きく変わった


それが試合3週間前


樹は世界のリナレス選手とかなりハイレベルなスパーリングをした。


やってる時、樹は


めちゃくちゃ強い。楽しい。


こんな事を言ってた。


このスパーリングを終えて俺と樹は確実にチャンピオンと言うのが見えた。


2回目3回目と修正を加え


3回目のリナレス選手とのスパーリングは見事だった。


試合のプランも固まり


自信も深め


ヘルニアは完治はしていなかったが、それすら忘れるぐらいの仕上がり


樹には何度も言ってた


こういうトラブルを乗り越えた試合ほど勝てるから


樹もその言葉を信じてくれた。


試合ではまだまだ練習の60%ぐらいの出来だったけどあの吉野修一郎というビックネームに勇敢に打ち合った樹を褒めたい



そしてこのトラブルでも諦めなかった樹を尊敬します。



ウチのジムは諦めない精神をお客さんに見せたい

それは例え今が悪くても

あきらめず何度でもリブートする


今はそういうチームになってきました。


自分が会長になるまで本当にたくさんの事があり


僕自身もくじけそうな事ばかりでした。


だけど今頑張ってくれてる選手と共に


これからも頑張ります。


大一番が終わったので


リブートイバジムのこれからをもっと深く考え


リブートイバファンの皆様の為に


さらに頑張りたいと思います



皆様今後ともREBOOT.IBAGYMをよろしくお願い致します。


REBOOT.IBA BOXING GYM
会長 射場哲也