今日は3月11日

本来なら渡士也の試合の日でした
中止になってしまったので、試合の事が書けなくて残念です

10年前の3月11日は大震災があった日
まだ長男が産まれて1歳にもなってない頃


あの時僕は電車の中だった

当時は三迫ジムのチーフトレーナーをしていてその日は試合の日だった

試合の日はいつもジムに集合してジムの車で後楽園まで向かっていた

その日も集合時間に間に合うように向かってる最中

いつもはバイクで行ってたけど、その日はたまたま電車だった

電車が成増駅に停車する直前で急停車した
少しすると物凄い勢いで電車が揺れだした

近くに座ってた女性は悲鳴をあげたりただごとじゃ無い雰囲気

1回目の揺れがおさまった後成増駅まで動いてくれて降りることができた

電車はしばらく動かないのはすぐにわかった
成増駅をでてジムに電話しようとしても携帯も使えない状態だったような記憶だったけどどうだったかな?

ただその時は状況が分からず試合がなくなるなんて考えてなかったから早くジムに向かわないと
と思っていたような?
2駅だから歩いて行こうか?タクシー?


とか考えてる時に2回目の揺れ

成増駅前の10階建てぐらいのビルが豆腐みたいに揺れてるのをみて

これはただごとじゃ無いって認識した

歩いてジムまで向かって、到着した頃には試合の中止が決定していた

まだ状況がわかっていない選手の中に、
「何でだよ!地震ぐらいで試合中止にすんなよ。お客さんいなくても俺はやる」

とか言ってた選手もいた
後日あれは無理でしたって言ってたけど笑

それぐらいあの時は混乱していた

試合がなくなり、自宅に帰るにも電車が動いてなくてどうやって帰ろう?
いつもだったらバイクだからすぐに帰れたけど

たまたま福島県から車で試合の応援に来ていた酒井さんが自宅まで送ってくれて帰れたけど、帰り道も大渋滞だった

なかなか進まないから途中から自分はおろしてもらって歩いて帰ったけど、国道をあんなにたくさんの歩いてる人がいたのを見たのはあの時が最初で最後

とんでもない事が起きたって思ったのを覚えてる


あれから10年


あの時原発事故もあって10年後の自分も想像できなかった

もしかしたら自分たちは放射能で死ぬかもしれない
なんて事も思った


10年後の今


今度はコロナウイルスまで出てきて
世の中本当に大変


だから人間いつ死ぬかわからない


だったら悔いなく生きよう