昨日と今日は埼玉県のアマチュアボクシング


高校生の県予選とアンダージュニア(中学生以下)の県予選


知らない方が多いので説明すると


アマチュアボクシングとプロボクシングは全く違う組織で成り立っています


なのでプロ関係者がアマを全く知らない

とか

アマ関係者がプロを全く知らない

とかざらにある話です


プロの下にアマがあるのではなくて、プロとアマでは全くの別組織なんです


なので両方登録しないと試合に出すことはできません

僕は両方登録しているので両方出す事ができます

出せると言っても簡単に出れない事が多いのですが(笑)


プロは加盟する事がとても大変です
ほとんどのジムが加盟できません


など話すと長くなるのでこれ以上書きませんが。。。


今日はアマチュアの話で


僕は中学2年生でボクシングを始めました
キャリア30年にもなてしまいました笑


東京都練馬区にある三迫ジムでボクシングを始めましたが、高校2年生の時に初めて試合に出たのが、埼玉県の国体予選でした

その時通ってた高校がインターハイ予選に出ることを認めてくれなくて(インターハイは高体連主催)なので国体の予選にしか出れなくて(国体は高校関係なく出場できます)


なのでその時から埼玉県ボクシング連盟の方達接点があります

花咲徳栄高校の木庭先生や秀明栄光高校の佐藤先生には当時から大変お世話になりました

そんな繋がりもあり今埼玉県にジムをだし、埼玉県ボクシング連盟に登録していることはとても誇りに思っています

自分はプロを主戦場としている人間なのでアマチュアに首を突っ込むことはできません

でも自分は埼玉県ボクシング連盟に感謝しかないです
自分の青春はここにあるので

だから微力でも力になりたい
埼玉県をボクシングのメッカにしたい


そう本気で思っています


今回のアンダージュニアの大会はプロ関係者の方達もたくさん協力しての大会となった

そしていい話し合いもできた

これからの埼玉県のキッズボクシングは凄いことになると確信をもってます


俺はこの「ださいたま」を愛してる


だから少しでも力になりたいんだよね