ウチのジムはキッズボクシングが盛んです

テレビ局、ネット放送からもキッズボクサーの出演依頼やキャスティング依頼が来ます
それぐらいキッズは頑張ってやってきました


自分は子供好きかと言われたら正直子供好きではありません
子供が好きと言うよりボクシングを頑張ってる子供が好きと言う感じでした

でも最近歳をとってきたのと、自分の子供の世代がウチに入ってくるようになってきた事もあり子供に対する対応が変わってきた気もします

なんていうか可愛いんだよね笑

この子達がボクシングをずっと続けるとも思ってないし、プロになるとも思ってない
この子達の人生に俺のジムが何か役にたてればいいって思ってる

自分が高校生の時
普通の高校から高校の大会に出て県予選優勝して
当時はジム上がりの選手を国体メンバーに選ぶなんてほとんどなかった
それでも木庭先生や佐藤先生は俺を選んでくれて国体まで俺の面倒を見てくれた
それはいまだに恩に感じているし自分の人生にとって大きな出来事だった


だから龍昇が秀明に入った時
太虎が徳栄に入った時
カズが秀明に入った時
お2人に少しでも恩返しができたかなって思えて嬉しかった

これからもその気持ちは変わらないけど
1番はウチに来ている子供達の将来の為
埼玉県のアマチュアボクシングの為
少しでも貢献できたらと思う

その為には俺は忖度なしで物事を言いたいと思います

こんなお金にならない事に情熱燃やしてたら後何年ボクシング業界で生きられるかなんてわからない

だから今を一生懸命
子供たちには俺の気持ちが少しでも伝われば良い
怒っちゃいけないとか言われる時代だけど

俺は愛を持って怒る
少しずつ子供好きになってきてるのかも(笑)